一般社団法人天然記念物北海道犬保存会とは

 一般社団法人天然記念物北海道犬保存会(以下道犬保という)の北海道犬の保存事業は全会員が一体となって資質の向上と原種の保存をし後世に継承して行く為に実施している事業であります。

 前述の如く昭和の始め頃に北海道犬が優秀な獣猟犬であるということで本州に連れて行くようになりアイヌ犬を愛好する人々は、この状態を見て北海道犬を保護しなければ絶滅するという危機感を持ちアイヌ犬保存会(昭和八年十一月)を設立し保護に乗り出し昭和十二年十二月に天然記念物に北海道が指定されたが絶滅寸前でありました。

 この貴重な文化財である天然記念物北海道犬の原始の姿と優れた獣猟性能を絶やすことなく保存し、資質の向上を図り後世に残し伝えて行くことを目的として設立されたのが天然記念物北海道犬保存会で昭和二十六年二月十日に設立され本格的に保存事業に取り組みを始めました。

 保存事業に関する定款及び諸規程を制定施行し、特に血統書の発行についてはその重要性を十分に認識し正しい血統書でなければなりません。
正しい血統書の発行にあたり血統書登録規程を設け厳しく血統について検査し文化遺産である北海道犬を保存し後世に残して行くための体制が出来上がった。

 更に、社団法人化のための諸手続きをし申請し昭和三十八年に法人の認可が下り、ここに社団法人天然記念物北海道犬保存会が誕生しました。

 平成25年1月4日 一般社団法人 天然記念物北海道犬保存会 として認可されました。

北海道犬保存事業

1.展覧会

  一般社団法人天然記念物北海道犬保存会は何千年と言う長い歴史を刻んで来た北海道犬の原始的な姿と獣猟犬としての性能の保持と資質の向上を目的としております。
 会員同士の交流とその資質の向上を多くの人々に見てもらう為に開かれているのが展覧会であります。

  本部主催による本部展覧会(全国大会)は年三回、支部主催による支部展覧会は年に三十支部以上で開催されています。また、獣猟競技会も同じように開催されております。

2.獣猟競技会

 獣猟競技会は北海道犬の特質である優れた獣猟性能の保持のために開催されております。
 生後3ケ月の幼い犬でも自分の何百倍もある羆に向かって恐れる事も無く勇敢に立ち向って行く姿は、生後3ケ月の幼い犬でも獣猟犬である北海道犬の素晴らしさを現しています。

3.血統書の発行

 血統書はその犬の血統を証明するものでありますから、いい加減ものであってはなりません。
 純粋な北海道犬を証明するために血統書の発行を行っております。
会員が血統書発行の申請時には厳しく調査して血統書の発行を行っております。

 北海道で天然記念物に指定されている物の中で北海道犬を除くものは全て人間によって人為的な影響を受ける事も無く自然の中で棲息しております。
その中で北海道犬は異質の存在であります。

 何故なら飼育、管理は人間によって行われ人間の感情や考え方によって大きく影響され人為的に幾らでも改良することが出来る状況下にあります。

 本会は北海道犬の原始そのままの姿を保存するために北海道犬標準体型(北海道犬の規格)を設定し人為的に改良する事を厳しく禁止をしております。






北海道犬の優れた狩猟(獣猟)性能を保持するために標準体型を昭和29年4月に制定し、北海道犬の作出(繁殖・飼育管理)の大きな指針としております。

puppy_banner.png

一般社団法人
天然記念物北海道犬保存会
〒060-0004
札幌市中央区北4条西1丁目
             共済ビル3F 
TEL・FAX 011-261-9910

アクセスマップ

大きな地図で見る