標準体型 of 北海道犬保存会-北海道犬

北海道犬の標準体型

『天然記念物北海道犬標準体型並びに解説』(昭和58年1月10日発行)より転載しました。 旧字体でホームページで表示されない文字は新字体に変更してありますが、それ以外は、当時のままとなっております。

序 文

 天然記念物に指定されている日本犬は、秋田犬(大型〉、甲斐犬(中型〉、 紀州犬(中型〉、越の犬(中型〉、土佐犬(中型)、北海道犬(中型)、柴犬 (小型〉の7種類であるが、北海道犬を除く他の中型犬は、すべて中部以南の 温暖地方にあり、同じ中型犬ではあっても、北海道犬は、元来が狩猟犬として アイヌ民族に飼育され、狩猟犬としての体型と、雪と寒気に鍛えられた体質を 整うる特質をもつものであって、ここに北海道犬の標準体型は、独自の意義を持つものである。

(北毎道犬の天然記念物指定は、昭和12年12月21日である。)

北海道犬の標準体型

 (昭和29年4月11日制定)

1 外貌と気質

  素朴感あり、性相判然とし、体躯均衡をえてよく乾燥し、骨格は緊密、筋腱は強靭で逞しい。逞威に富み良性で、感覚は鋭敏、動作は活発敏捷、歩 態は軽快で弾力がある。

解説を読むLinkIcon

2 体 躯

  ほぼ正方形の姿態を示し、やや前勝ちの感がある。

体高の標準
牡 約48.5㎝ (1尺6寸)上下各3㎝(上下各1寸)を含む。
牝 約45.5㎝ (1尺5寸)上下各3㎝(上下各1寸)を含む。

  体高と体長の比は 10対11 で、牝の体長はやや長い。

解説を読むLinkIcon

3 頭 部

  額広く頬部はよく発達し、前額の縦溝および額段は浅いが明瞭である。

(1)耳
三角形で小さくよく緊まり、両耳の中央線は、ほぼ並列し、額段に対しておおむね直角に立つ。
(2)目
やや三角形で外眥上がり、突出することなく、虹彩は暗褐色である。その表情は溌剌として注意深く、かつ大胆性を示す。
(3)口吻
鼻梁は真直で、口唇および鼻鏡はよく緊まり、歯牙は強健で正し く咬合する。

解説を読むLinkIcon

4 頸

 頸は力強く逗ましい。喉皮は弛緩しない。

解説を読むLinkIcon

5 胸・胴

 胸は深く、肋は張って適度の巾をもち、前胸は発達している。背は真直で強勤である。

解説を読むLinkIcon

6 腹・腰・尻

 腹は胸に調和して巻き、腰は強勤で適度の巾をもち、尻はやや傾斜する。

解説を読むLinkIcon

7 前 肢

 肩甲骨は適度に傾斜し、肩端は出過ぎることなく、肢勢は真直である。

解説を読むLinkIcon

8 後 肢

 力強く踏み、飛節は適度の角度をもち、よく乾燥し、弾発力に富む。

解説を読むLinkIcon

9 趾 部

 握りよく、趾間関かず趾肉厚く、爪は毛色に応じ黒色または暗色である。

解説を読むLinkIcon

10 被 毛

 表毛は剛にして直で適度の角度があり、綿毛は軟にして密生する。

解説を読むLinkIcon

11 尾

 太く力強い巻尾または差尾で、長さは、ほぼ飛端に達する。

解説を読むLinkIcon

12 毛色

 赤・白・黒褐・虎・狼灰・胡麻およびそれらの変化色がある。

解説を読むLinkIcon

画像をクリックすると大きくなります

体型01Page.jpg

体型02Page.jpg

体型03Page.jpg

体型04Page.jpg

体型05Page.jpg

体型06Page.jpg

体型07Page.jpg

体型08Page.jpg

体型09Page.jpg






北海道犬の優れた狩猟(獣猟)性能を保持するために標準体型を昭和29年4月に制定し、北海道犬の作出(繁殖・飼育管理)の大きな指針としております。

puppy_banner.png

一般社団法人
天然記念物北海道犬保存会
〒060-0004
札幌市中央区北4条西1丁目
             共済ビル3F 
TEL・FAX 011-261-9910